Twitter

食事は生命維持に不可欠であり、食べる喜びは人生最大の喜びだ。
だから、子どもに何が食べたいか聞き、極力子どもの願いを叶えよう。
その中で栄養バランスを取るのが親力。

子どもは親の愛情を確信し感謝の念が湧いてくる。
食べ物を通した絆ほど強い絆はない。
食事で親に嫌悪感を持たせるのは絶対NG。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子どもにとって、自分の願いや希望を親にかなえてもらう経験をたくさんすることが重要だ。
これによって子どもは親の愛情を感じ、自分は大切な存在だと知る。

また、自分の願いは実現可能だと知る。
逆の場合、自分は愛されていない不要な存在だと感じる。
また、何か願ってもムダだという無力感を持つ。