【質問】

長男はしっかりしているのですが、次男が何かにつけ、だらしがないです。
整理整頓できない、忘れ物が多い、マイペースで何をやっても遅い、夢見心地でぼうっとしていることが多いなど、挙げたら切りがありません。

これって生まれつきでしょうか?
それとも親のせいで、育て方に問題があるのでしょうか?
子どもを責める前に自分を責めるべきでしょうか?

ソフトアプリ さん(小6 男子)


【親野先生のアドバイス】

拝読しました。
子どもがだらしないのは親のせいではありません。


整理整頓ができないのも、忘れ物が多いのも、マイペースなのも、ぼうっとしていることが多いのも、全て親のせいではありません。


かといって、その子のせいでもありません。
なぜなら、それは生まれつきだからです。


例えば、整理整頓ができない人はたくさんいます。
私もその一人ですが、子どもでも大人でもたくさんいます。


そして、それは「親のしつけがダメだからできない」ということではなく、生まれつきの性格なのです。
なぜ、私はそう言うのでしょうか?


それは、私が長年に渡って小学校の教壇に立ち、その間に640件の家を家庭訪問して、その証拠をたくさん見てきたからです。


例えば、親は整理整頓が上手で家の中もきれいだけど、子どもは全然できないという例がたくさんあります。


その逆に、両親とも整理整頓ができなくて家中に物が溢れているけど、子どもは上手にできるという例もたくさんあります。
兄はできるのに弟はできないとか、その逆もあります。


親のしつけとか家庭環境によって決まるなら、兄弟全員が同じようになるはずですが、そうはならないのです。


それはつまり、生まれつきの性格によるところが大きいということの証拠なのではないでしょうか?


ちなみに、整理整頓ができない人は創造力が高い傾向があるとミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授が明らかにしています。


整理整頓だけではありません。
兄弟で全然違うことは他にもたくさんあります。


同じ親で、同じ環境で、同じしつけ・指導なのに、兄弟で全然違うことがたくさんあるのです。


しつけや親の指導によって子どもが大きく変わるなら、兄弟がみんな同じようになるはずです。


でも、そうはなりません。
親が同じように接していても、兄弟それぞれまったく違う人間になっていきます。

先ほども言ったように、これすなわち、生まれつきの性格によるところが大きいということの証拠なのです。


ですから、ソフトアプリさんは自分を責めないでください。
そして、子どもも責めないでください。


生まれつきなのですから、親のせいでも子どものせいでもないのです。
それはそういうものですから、誰を責める必要もないのです

つづきはこちらから ↓↓↓
教えて!親野先生

こちらの記事も参考に ↓↓↓
子どもは苦手なことが直せるか?