●なかなか宿題をやりません


「疲れた。宿題やりたくない」などと言って、宿題をなかなかやりません。
さんざん叱りつけてやっとやる感じです。
どうしたらいいでしょうか?




●まずは共感してあげましょう


こういうとき「何言ってるの! 宿題やらなきゃダメでしょ」と叱りつけても、子どもはますますやる気をなくすばかりです。


それより、「宿題があるんだ……。子どもも大変だね」と共感してあげてください。
すると子どもは、「自分の大変さを分かってくれた」と感じて気持ちが落ち着きます。


そうなったところで、「ママも一緒に手伝ってあげるから、ちょっとだけやっておこう」と言ってみてください。


この「一緒に」「手伝ってあげる」「ちょっとだけ」などの言葉で子どもの負担感はかなり軽くなります。


この方法を実際に使っている方によると、はじめのうちは親が手伝ってあげていても、そのうちエンジンがかかって、自分でやるようになることが多いそうです。




●子どもが素直になってくれません


何かやらせようと思っても、素直に言うことを聞いてくれません。
どうしたら素直になるのでしょう?

つづきはこちらから ↓↓↓
コンパス@アルク

こちらも併せてお読みください ↓↓↓
子どもの勉強 ご褒美で釣るのはアリ?