Twitter

30年くらい前は、お歳暮など学校の先生に物を贈る保護者が時々いたが、今そういう話は聞いたことがない。

感謝の気持ちを伝えるなら手紙がよい。
「○○がうれしかった」「○○と言われてうれしかった」と、感謝していることを具体的に書こう。
具体的であるほど気持ちが伝わる。
先生としてもこれほどうれしい贈り物はない。
子どもや保護者からの手紙は先生にとって宝物だ。

私も、いただいた手紙を読んで、先生になってよかったと思ったことが何度もある。
ありがたい手紙は読み返す度に気持ちが温かくなり、がんばるエネルギーにもなる。