Twitter

子どもたちにやり方を説明して「始め」と言うと、ある子が出てきて「何やればいい?」と質問。

教師時代の前半、私は「今言ったでしょ。なんで聞いてないの」と叱っていた。
子どもは意気消沈。
後半は、「やる気満々でえらい。○○するんだよ。君なら上手にできる。がんばって」と褒めることにした。
子どもはやる気満々。

ここで叱っても、それで次から聞くようになることは決してない。
話をよく聞いている子もいれば、全く聞かずに自分の中で色々な想像を巡らしている子もいる。
これは生まれつきであり、後者は想像力と創造力に富んでいる可能性が高い。