いよいよ4月から小学校で「プログラミング教育」が必修化されます。
家庭でのパソコン学習について気になる保護者も多いでしょう。


IT機器を子どもに使わせるうえで特に気になるのが、「視力が低下しないか」ということ。


今回は、教育評論家の親野智可等先生に一週間ほど「BenQ 23.8 インチ 目に優しいアイケアモニター GW2480T」をご試用いただき、家庭でのパソコン学習について、保護者が意識したいポイントを伺いました。




●子どもの将来にIT機器の使いこなしは必須


──2020年度から小学校で本格的にプログラミング教育が始まりますが、何を子どもたちに教えるのでしょうか?


親野先生(以下親) 全世界でIT技術が急速に普及し、仕事にも生活にも入り込んでいますが、それを使いこなすことが個人レベルだけでなく、国レベルでも重要な課題となっています。
文部科学省が進めるプログラミング教育とは、単なるプログラミング技術の習得ではなく、「プログラミング的な思考の育成」を指します。


──プログラミング的な思考とは、どのようなものでしょう?


親 問題に対して「こういう手段でこういう工夫をして、こういう風に動かしていったら解決できます」と考えて、他人に説明・指示ができることです。そうした論理的思考を身に着ける方向性を打ち出しているわけです。そのなかで実際にパソコンを使ったプログラミング的な内容も出てきます。


──やはり、パソコンなどIT機器を使用するのですね。


親 昔はどの国においても「読み・書き・そろばん(計算)」が教育の基礎でした。ところが、パソコンやタブレット、スマホなどのIT機器の登場で、この3つを同時進行で簡単に行えるようになりました。さらに、IT機器を使えば写真や動画を撮ったり、音を加えたりとさまざまなことが多面的にできるのです。


以前は読み・書き・そろばんの能力があれば、プライベートも仕事もうまくいき、幸せになれたかもしれません。ですが、今の時代においてはパソコン、タブレット、スマホを使いながら上手に情報を収集し、それをアウトプットして自分の考えやクリエイティビティを表現する必要があります。


──IT機器のスキルを高める必要があるのは理解できるのですが、「悪影響がある
ホームページにアクセスしてしまわないか」「ゲームにハマって勉強がおざなりにならないか」と心配で、子どもにあまり使わせたくない、という声もありますが……。


親 どうしても日本の親御さんは保守的な面が強く、臭いものにはフタをして遠ざけがちです。と、IT機器をできるだけ子どもに持たせたくないという気持ちは理解できます。しかし、IT機器操作の習得があまりに遅れてしまうと、子どものキャリア形成に不利です。ある程度親が積極的に関わるなかで安全な使い方を教え、子どもが能動的にIT機器を使いこなせるようになることが重要です。


●100年の人生のために目を守る


──学校でプログラミング教育が始まったら、家庭では何をすればいいのでしょう?