Twitter

親からは成長していないように見えても、子どもの内側ではちゃんと成長している。
ただ、それが表面に表れないだけだ。
これは昆虫のサナギと同じ状態と言える。

次にグンと伸びるための準備をしているのだから、ぜひ、待てる親であってほしい。
待てない親は余分なことをして子どものペースを乱してしまう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

授業参観であまり発表しない子の親は、よく発表する子とその親をうらやましく思うかもしれない。
だが、どんどん発表する子の親は、「うちの子はそそっかしくて困る」と感じ、あまり発表しない子のことを「慎重でいい」と思っていることもある。

親はわが子の資質を否定的に見てしまうものなのだ。
だが、これだと、せっかく子どもが持っている資質をよい方に伸ばしてあげることはできない。

子どもを見るとき、今の自分の見方が絶対的に正しいわけではないということを、常に心に留めておいてほしい。
別の角度で見れば、あるいは別の人が見れば、全く違うものが見えてくることが往々にしてあるからだ。