Twitter

子どもの短所を直そうとすると叱ることが増える。

それより、子どもの好きなことや熱中できることを応援して、もっとたくさんやらせてあげよう。
そうすれば、ほめる機会が増えて親子関係がよくなる。
子どもは素直になって、不必要に反発することもなくなる。

また、自分に自信がついて生活全般に張りが出る。
それによって、短所が少しだけ直ることもある。
直らないまでも、目立たなくなることはよくあることだ。

子育てのコツは、短所には思い切って目をつむり、先に伸ばせるところをどんどん伸ばすことだ。
そうすれば、万事においてよい循環が始まる。
今現在、悪循環に陥っている人は、即、方針転換しよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

親のストレスは子どもにぶつけられる。
だから、まず親がストレスを溜め込まないことが大事だ。

多すぎる仕事はストレスの元であり、もっとゆとりが必要。
勤め人は会社の仕事と自分の人生の関係を見直す。
専業の主婦&主夫は完璧な家事を目指さない。

自分と大切な人のために、主体的に働き方改革をしよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Twitter

感情的に叱ると親は自分のストレスが発散できる。
親が発散したストレスを今度は子どもが背負い込む。

子どもは、そのストレスを身近な物品、ペット、自分より下の兄弟、弱い友達などにぶつける。
または、自分でそのまま溜め込んでしまうこともある。
すると、様々な形で出てくる。
鬱、髪の毛むしり、自傷…