Twitter

テストで間違えたところが、次のどれに該当するか分析してみよう。

Twitter

テストで間違えたところが、次のどれに該当するか分析してみよう。

1本質的にわかっていない。
2問題の読み違い・早合点。
3計算ミス。
4答えの写し間違い。
5単位の間違い。
6指示通りに答えなかった。
(もちろん、教科や学年によって項目は変わってくる)。

子どもも、分析を通して自分のミスの傾向を自覚すると気をつけるようになる。
この分析は子どもだけでは難しいので親子で一緒にやるといい。

ただし、叱りながらやるのはよくない。
名探偵コナンになったつもりで、楽しみながらやることが大事だ。

なお、この中の1番はケアレス・ミスではないから、教科書を元に親がもう一度教えてあげる必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子どもがテストでケアレスミスをして、「本当はわかってたのに」と言ったとき、「もっと集中しなきゃ」と言うのはNG。
子どもが「私は集中力がない」と思い込んでしまうから。

また、見直すことの大切さを話して聞かせても効果は薄い。
それより、ケアレスミスの傾向を親子で分析する方が効果がある。