Twitter

現代では、「何でも食べる」ではなく、体にいい物を「選んで食べる」ことが必要だ。

カロリーばかり高くて、ビタミンやミネラルや食物繊維をあまり含まないファーストフード、添加物の多い食べ物やジャンクフードなどは控えたほうがいい。

まずは、親自身の食生活を見直すことから始める必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

親がときどき教科書を見ていると、効果的な楽勉ができる。

例えば、もうすぐ分数を勉強するとわかれば、ピザやカステラを切るときに分数に触れることができる。
星座を勉強するとわかれば、トイレに星座ポスターを貼ることができる。
事前にほんの少しでも触れておくと、子どもは授業で前向きになれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

親が「勉強しなさい!」と叱っても、子どもは勉強するようにはならない。
勉強が楽しいと感じられないからだ。

子どもを勉強好きにして学力を上げるには、生活や遊びの中で楽しみながら知的に鍛える「楽勉」がお勧めだ。
遠回りに見えるかも知れないが、実は一番の近道なのだ。
「楽勉」で検索してみよう。

ツイッターで毎日つぶやいてます