Twitter

「うちの子はマイペースで困る」と心配する親は多い。

だが、人のペースというものは、生まれつきでありそう簡単には変えられない。
のんびり型をテキパキ型にしようと思ったら、四六時中ガミガミ叱り続けることになる。

それで変わるかというと、まず変わらない。
お互いつらい思いをするだけだ。

それに、長所と短所は同じコインの表と裏であり、マイペースな子ならではの長所もたくさんある。

自分のペースでじっくり取り組み、深掘りしていく。
自分の世界をつくれる。
寛容かつ共感的な性格なので、友達にも優しく接することができる。
癒やしの力がある。

などの長所を併せ持つことが多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

親が兄弟姉妹を比べるのは百害あって一利なし。
子どもは、比べて叱られると相手への恨みが残り、比べてほめられると相手への蔑みが残る。

こういうことが多いと、子どもたちは自分たちへの親の言葉や接し方を比べるようになる。
それは愛情の大きさを比べることでもある。
兄弟の仲がよくなるはずがない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子どもが何かうまくいかなかったとき、親の接し方には攻撃と共感の2種類がある。

例えば、テストの点が悪かったとき、「がんばりがたりないからだ」と責める親は前者だ。

「パパも子どものころ、国語のテストの点が悪くて落ち込んだことがあるよ。また、今度がんばろう」と共感してから励ます親は後者。

ツイッターで毎日つぶやいてます