Twitter

あやとりには、とてもいい教育的効果がある。
まず、できなかった技が練習によってできるようになることで達成感を味わえる。
それは、「自分はできる。やれる」という自信になる。
それは、努力の大切さを実感する過程でもある。

鉄棒、縄跳び、計算、漢字ができるようになるのと、本質的に同じだ。
あやとりのいいところは、いわゆる勉強や体育や音楽などが苦手な子でも、できるようになるということ。
だから、教科で得意なものがない子にはイチオシだ。

10本の指をいろいろに動かすので、手先が器用になる。
また、指を使うことで脳を刺激する。
とくに、右脳にはいい影響がある。

友達とあやとりを教え合うことで、コミュニケーションがはかれる。
ひも1本あればできるというのも長所。
乗り物で退屈したとき、病院で待っているとき、大人同士が会話をしたいときなど、ひも1本あれば子どもはあやとりで遊べる。
「静かに待ってなきゃダメでしょ」と叱らなくても済むのもいい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

今の子どもは、自分がやりたいことをやる時間が少な過ぎる。
人間は自分がやりたいことをやっているときが一番幸せだ。
能力開発にも精神衛生にもこれ以上いいものはない。

だから、子どもにやらせることはもっと減らして、子どもがやりたいことをやれる時間を増やしてあげてほしい。
親の過干渉はよくない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子どもが兄と妹という場合、兄が妹と比べられて叱られ続けるケースが多い。
妹は女の子脳であることが多く、兄は男の子脳であることが多いからだ。
しかも、妹は兄を見ながら毎日よく学んでいる。

この組み合わせ、親子関係だけでなく兄妹の仲が悪くなるリスクが高いので、十分に気をつけていて欲しい。

ツイッターで毎日3回つぶやいてます