子どもたちの夏休みが始まりました。
悩ましいのは宿題です。

中でも自由研究に頭を悩ます親子は多いと思います。
でも、ご安心ください。


どんな子でも喜んで取り組み、楽しく熱中しながら作品が仕上がるいい方法があります。


しかも、子どもに自信をつけその後の成長につながります。
今回は、具体例を豊富に入れながら、その自由研究のやり方について紹介します。


ひと言で言うと、「好きなことを深掘りしてノートに記録する」という方法です。
好きなこととは、日頃よくやっていること、趣味、頑張っている習い事などです。

どんな子にも好きなことや日頃よくやっていることがあります。
例えば、猫が好きでよく遊んでいる、サッカーに夢中、習字を頑張っている、金魚の飼育に熱中などです。


それを夏休み中にもっと深めて、それを記録にまとめるのです。
私は「自己興味発展型の自由研究」と呼んでいます。




●好きなことを思いっきりさせてあげる


埼玉県の2児のパパ・藤田さん(仮名)の小学3年生の長男・裕也君(仮名)は、ブロック遊びが大好きで、日頃からよく遊んでいました。


でも、習い事もいくつかやっていて塾にも行っているので、普段はブロック遊びに十分な時間が取れないのが実状でした。


藤田さんには、日頃から「大好きなブロック遊びをもっとたっぷりやらせてあげたい」という気持ちがあり、夏休みはちょうどいい機会だと考えました。


そこで、まずブロックの種類と数を増やすことにしました。
裕也君と一緒にネットで調べて新しいブロックを買い、もともとあったブロックも買い足しました。


すると、裕也君はとても喜んで、ますます熱中するようになりました。
日がな一日、いろいろな作品を作っては壊し、作っては壊しを繰り返していました。
それを見て藤田さんは「もったいない」と思いました。


というのも、せっかくすばらしい作品を作っても、次の作品を作るために壊さなければならないからです。

つづきはこちらから ↓↓↓
東洋経済オンライン

こちらも併せてお読みください ↓↓↓
夏の宿題地獄"を楽々クリアする「7つの手」
今年こそ「怒ってばかりの夏休み」にしない