子ども本人が夢中になって、楽しく主体的に取り組めるものがあると、
生きることの楽しさを味わうことができる。

生き甲斐ができて生活全体に張りが出る。

目標に向かって努力することの大切さを知り、
達成の喜びを味わい、
自分に自信が持てるようにもなる。

ところが、
親がそれを取り上げてしまう例がけっこうある。

あなたは、そういうことをしていないだろうか?
子どものために「よかれ」と思ってやっていることが、
実は子どもの楽しみや生きがいを奪っているということがよくある。

親はこういうことに無自覚だ。
だから、十分気をつける必要がある。

権力者は常に弱者のためと言いつつ、
そのささやかな喜びを取り上げるものなのだ。

親は、
自分が権力者であることを自覚して、
子どもの目線に立って振り返ってみることが大切だ。