実は、子どもが「本当に子どもらしい子ども」でいる期間は以外と短いのです。
個人差も大きいのですが、だいたい10才くらい、つまり小学4年生くらいまでではないでしょうか。


女の子はその頃から思春期前期に入ります。
男の子は少し遅くて、その2年後くらいからです。


この時期は、親との関係より友達との関係が重要になり、大人の相手をしてくれなくなります。
また同時に、反抗期も入ってきます。


ですから、それまでに親子の触れ合いを楽しんで、よい親子関係をつくっておいて欲しいと思います。
子どもが相手をしてくれるうちが花なのです。
「お母さんお母さん、お父さんお父さん…」と話しかけてくれるうちが花なのです。


みなさんは、仕事に時間を取られ過ぎて、子どもとの触れ合いやコミュニケーションがおろそかになっていませんか?
あるいは、自分のストレスを子どもにぶつけて、感情的に叱ってはいませんか?


それでは、貴重な今の時間がもったいないです。
そういうことを続けていると、よい親子関係をつくることはできません。
それどころか、親子関係が崩壊してしまうこともあります。


子どもが「本当に子どもらしい子ども」でいる期間は本当に短いのです。
その一日一日を大切にしてください。


チャンネル登録で、見逃しがなくなります