ほめることによってもたらされるよい効果はたくさんあります。
まず1つめとして、 子どもは何か一つのことでほめられると、自分に自信がつきます。


つまり、自己肯定感が持てるようになるのです。
すると、他のことでもできそうな気がしてきます。


遊びでも勉強でも、その他の何でも、「できるはずだ。やってみよう」「チャレンジしてみよう」という意欲が出てくるのです。


また、実際にやってみたとき、ちょっとした壁があっても「できるはずだ」と思えるので、がんばって乗り越えることができます。


このようなチャレンジ精神、向上心、努力、根性など、人間が伸びていく上で大切なすべてのよいものは、自分を信じる気持ち、つまり自己肯定感がもとになって生まれてきます。


この反対に、自己肯定感がない子は、言い換えると自己否定感に凝り固まっている子は、まず、何かにつけ「やれそう」と思えないんですね。


「どうせ自分にはできない」「自分には無理」という気持ちが先にきてしまうので、チャレンジもしなくなります。


たとえチャレンジしたとしても、ちょっと壁に当たると「やっぱりダメだ。自分は何をやってもダメだ」となってやめてしまいがちです。


まさに、自己肯定感こそが成長のための必要不可欠の要素なのです。
そして、それを育てるのに一番いいのがほめることなのです。


チャンネル登録で、見逃しがなくなります