もし、あなたの子どもが「ああ、今日は疲れちゃった。宿題やりたくない」と言い出したら、どうしますか? 
ほとんどの親は「何言ってるの? ちゃんとやらなきゃだめでしょ!」と叱ると思います。


でも、これでやる気が出る子がいたら奇跡です。
やる気が出るどころか、さらにやる気をなくすのがオチです。


こういうときは、「本当に大変だね」とか「ああ、宿題か…。イヤになっちゃうよね」と共感してあげてください。


親に共感してもらえると、子どもは「自分の大変さがわかってもらえた」と感じて、それだけで気持ちが楽になります。


そして、しばらく様子を見ながら、頃合いを見計らって「でも、しょうがないから、ちょっとだけやってみよう」「一問だけやってみるか」「手伝ってあげるから、一緒にやろうか」と言ってみてください。


「ちょっとだけ」「一問だけ」「手伝ってあげる」「一緒に」などの言葉が、子どもの気持ちを軽くしてくれます。
それに、実は、子どもにも「やらなければ」という気持ちはあるんです。
そして、「自分の大変さがわかってくれている人が言っている」ということで、素直に受け入れやすくなります


そして、「まあ、しょうがない、やるっきゃない」となる可能性が高まります。
それでやり始めて、軌道に乗ってくれば、けっこう自分でどんどんやれるものです。やり始めが大変なんですね。


チャンネル登録で、見逃しがなくなります