親は、自分たちにとって都合のいい面を子どもの長所とみなしてほめます。
そして、その逆を短所とみなして叱ります。
でも、子ども本人が長い人生を生きていく上では、短所に見えたことが実は長所だったということがよくあるのです。


例えば、落ち着きがないというのは活動的ということでもあり、ふざけてばかりというのは面白がるのが上手ということです。


文句や愚痴が多いというのは溜め込まないということであり、すぐ飽きてしまうというのは好奇心が旺盛ということです。
ぐずぐずしててきぱきできないというのは自分のペースでゆったりしているということでもあります。


切り替えができないというのは集中力があるということです。
やるべきことをやらずに自分がやりたいこと優先というのは、主体的な生き方ができて自己実現ができるということです。


これは、これからの時代に必要とされる能力ですね。
周りに合わせられないというのも、そうですね。


このようなわけで、子どもに対するいつもの見方を少し変えてみることをお薦めします。
「この子はこういうところが困る」と感じていることが、その子の生きる力に思えてくるかも知れません。


今のあなたの見方が絶対的に正しいわけではありません。
それは、常にあなたに都合のいい見方になっているからです。
一度、自分の色眼鏡を外して子どもを見てみましょう。



チャンネル登録で、見逃しがなくなります