ある人が言っていました。

「親子でも会社でも、人間関係で言葉が大事だということはわかります。
本やネットで読んだりすれば、なるほどこう言えばいいのかとわかった気になります。
でも、いざその場になるとうまい言い方ができません」

たしかに、そうですね。
本やネットにはうまい言い方がたくさん出ています。
でも、いざとなるとその場に応じて上手に伝えることは難しいものです。

でも、大丈夫。
基本はそんに多くはありません。
まず大切なのは、「自分が言われて嫌な言い方をしない」ということです。

もっと具体的に言えば、相手をとがめる言い方や相手を否定する言い方はNGということです。
例えば、次のような言葉です。

また○○してない
○○しなきゃダメでしょ。
なんでまるまるしてないの。
何度言ったらできるの。
ちゃんとやってよね。

日頃から、自分の心を観察しているとだんだんわかってきます。
誰かが何か言ったとき、あなたがイラッときたらそれはNGな言い方です。
そのとき、「自分はこういう言い方は絶対しない」と心に刻みましょう。
同時に、そのことを教えてくれた相手に感謝しましょう。

相手に「これはよい言い方ではない」と伝える必要はありません。
相手が「そうだね。気をつけるよ」と言う確率は非常に低いからです。
逆に相手からもっとひどい言葉が返ってくるのが関の山です。

それより、まず自分が変わりましょう。
「相手を変えよう」「言葉について大切なことを教えてさしあげよう」などと思う必要はありません。

あなたがどんどん変わって相手をとがめる言葉を口に出さなくなれば、やがて相手もすこ~しずつ変わってきます。
でも、それを期待するとイライラするので、期待してはいけません。

あなたにできるのは、「自分が言われて嫌な言い方をしない」と決めて実行することだけです。
あなたにできるのは、自分を変えることだけです。

なお、言葉の工夫についてはこちらもご参考にしてください。

まずはこれ「必読コラム」
お悩みがある方は「教えて! 親野先生」をお読みください
親力アップの基本はこの連載で

親野智可等の講演

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ
手が出て左向きCIMG0039