【質問】

仕事の関係で、これから祖父母に子どもたちを預ける機会が増えそうです。
何か気をつけることはありますか?


心配なのは祖父母に甘やかされて、わがままになるのではないかということです。
お菓子の与えすぎなども気になります。

カーソルママさん (2歳児と年少女子)


【親野先生のアドバイス】


拝読しました。


子育てを一人で抱え込むのは、親にとっても子どもにとってもよくありませんから、助っ人として祖父母はありがたい存在ですね。


ただ、預けるとき気をつけるべきこともいくつかあり、その第一は安全面です。


例えば、祖父母が子育てをする時代には、今ほど食品アレルギーについての認識が広まっていませんでした。


ですから、「そんなものは好き嫌いの一種だ。少しずつ食べていれば治る」くらいに思っている人もけっこういます。


でも、これは大変危険なことですから、子どもに食品アレルギーがある場合は、「好き嫌いの問題ではない」ということをしっかり伝えておく必要があります。


口頭で伝えるだけでなく、食べてはいけない物を紙に書いて貼っておくなどの工夫も、必要に応じておこないましょう。


また、小さい子の場合は、うつぶせ寝による窒息や誤飲による窒息の危険性にも配慮が必要です。


祖父母の家は子育て仕様になっていないことが多いので、子どもが口に入れてしまいそうな小さな物があちこちにある可能性があります。


タバコ、薬、ボタン電池、シール、お菓子類などが手の届くところに置いてないかなど、祖父母に任せきるのではなく、子育て中の親の目で常に確認する必要があります。


さらに、外出時に車から降りた瞬間いきなりダッシュ、好きな物を見つけていきなりダッシュ、などの危険もあります。


その対策についても、ハーネスの活用も含めて、相談しておきましょう。


祖父母は若い頃に比べて体力も気力も落ちていますし、機転も利かなくなっています。
それに、子育てについての最新情報にも触れていないことが多いと考えられます。


ですから、1つめとして、とにかく子どもの安全は最優先と考えて、祖父母任せにしないで、子育て中の親が積極的にかかわることが必要です。




2つめとしては、子どもを預けるということを、祖父母の立場になって考えてみることが必要です。


「孫は来て嬉しい。帰って嬉しい」という言葉があるように、孫の面倒を見るのは祖父母にとって嬉しいことである半面、大きな負担でもあります。


それに、祖父母にも自分たちの生活や趣味があるわけで、「孫をみるのは当たり前」「孫を預けられれば嬉しいはずだ」とばかりに、無遠慮な振る舞いをするのはNGです。


常に言葉に出して感謝の気持ちを伝えることが大切です。


ただし、その場合、「すみません」という言葉を多用する人が多いのですが、これは気をつけたほうがいいと思います。


というのも、「すみません」は表現としてネガティブなので、こればかり言われると言われるほうはあまり良い気がしないからです。


それよりも、もっと「ありがとうございます」とか「本当に助かります」などのポジティブな感謝の言葉を増やしましょう。




3つめとして、起こりうる問題について、祖父母とのコミュニケーションを上手に取りな
がら解決することが必要です。

つづきはこちら↓↓↓
教えて! 親野先生

こちらもご参考にしてください。↓↓↓


幼児にオススメ
お薦め知育教材
パパ・祖父母・PTAのオススメ
手が出て左向きCIMG0039