わが子の写真を家庭に飾ると、子どもは「自分は両親に愛されている」と感じ、自己肯定感が高まる━。


こんな考えを基に、子育て世帯に写真の活用を呼び掛ける取り組みが始まっている。


叱ることが多く、子どもをほめる機会がなかなかないという親も多いが、思い出のワンシーンを飾ると、大切に思っている気持ちを伝えられるという。



九歳の長女と七歳の長男を育てる千葉県松戸市の東海林智絵さん(42)は、子どもが初めて自転車に乗れたときや、家族の笑顔などをとらえた写真を部屋に飾っている。


自分の子どもをほめるのはあまり得意ではないが、親子で写真を眺めながら当時を思い出すと、「『このときはこうだったよね』と、自然な流れでほめることができる」と話す。


「ほめ写」と題したこの子育て習慣を呼び掛けるのが、静岡県内で小学校教師を長年務めた教育評論家の親野智可等さん。


家庭訪問で「自己肯定感が高い子どもほど、家庭に写真が飾られていることが多い」と気付いたのが始まりだ。


親野さんは八月、公立諏訪東京理科大の篠原菊紀教授や東京学芸大の岩立京子教授らとともに「ほめ写プロジェクト」を立ち上げ、保護者対象のセミナーを開くなど啓発活動を始めた。


プロジェクトに合わせ、幼稚園から小学生までの親子六百組にアンケートを実施すると、「自分の親から愛されていると思う」「自分にはよいところがある」などの項目で、家庭に写真が飾ってある子どもの方が高い結果が出たという。


つづきはこちら↓↓↓

こちらも  ↓↓↓