みなさん、こんにちは。
親野智可等です。
あなたの親力の自己診断をしてみてください。

問題に対して、選択肢が5つあります。
それぞれの選択肢について○か×か判断して、(  )の中に○か×をつけてください。
そのあとで、正解と解説をお読みください。

あなたがつけた○や×が1つあっていれば20点で、全部あっていれば100点です。
60点以下のひとは、「親力講座」で親力の向上を目指してください。
80点以上のひとは、「親力講座」で親力の維持を目指してください。

【問題】

だらしがない、字が雑、片づけがへた、なんでも後回し、あいさつが苦手、などなど、子どもには苦手なことがあるものです。
あなたは、どう思いますか?

1,苦手なことは子どものうちの方が直しやすい( )
2,親がきちんと叱り続ければ、子どもの苦手は直せる( )
3,親の責任で子どもの苦手を直してやるべきだ( )
4,子どもの苦手を直そうとすると、親子で苦しむことになる( )
5,苦手なことは大人になってから直せばいい( )








【正解】

1,× 2,× 3,× 4,○ 5,○

【解説】

親は、みんな、「子どものうちの方が苦手は直しやすい。子どものうちに直してやるのが親のつとめだ」と思っています。
もちろん、この気持ちは尊いものです。

でも、この気持ちがあるばかりに、または、強すぎるばかりに、親子で苦しんでいる例がとても多いのです。
というのも、この気持ちが強いと、日常的に叱ることが増えるからです。
それで、子どもは自信をなくし、同時に親の愛情不足を感じることになります。

実は、子どもは苦手なことを直すのが苦手です。
苦手を直すには、「絶対直したい」という強烈な動機、意志力、自己管理能力、思考力などが必要ですが、これらは子どもにないものばかりです。
大人になって、これらが持てたとき初めて直せるのです。


さて、みなさん、自己診断の結果はいかがでしたか?
親力アップの第一歩は下記から始めましょう。
↓↓↓↓↓
1番目に読んでほしい連載

または、こちらからでもOKです。
↓↓↓↓↓
まずはこれ「必読コラム」
お悩みがある方は「教えて! 親野先生」をお読みください
親力アップの基本はこの連載で

親野智可等の講演

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ