私が子どもの頃、同級生に里子ちゃんという女の子がいました。
家が近かったので、よく一緒に遊んでいました。

里子ちゃんは食が細い子で、給食を完食することができませんでした。
それで、よく昼休みに教室に残されて食べさせられていました。
涙を流してうなだれながら、給食を見つめている里子ちゃんの姿を今でも覚えています。

斉藤さんという男性は、子どもの頃、給食のバナナを食べずにいたら、先生に見つかって
強制的に食べさせられました。
大変な苦痛を感じて、それ以来、バナナが食べられなくなってしまいました。
いまだにバナナのにおいをかいだだけで気持ちが悪くなるそうです。

「給食指導」の名の下に、このような人権侵害・虐待が長年行われてきたのです。
そして、いまだに根強く行われています。

雑誌の編集者である林さんは、子どもの頃ピーマンが嫌いでした。
ある日、それがお母さんにバレて、たびたび強制的に食べさせられました。
彼はお母さんが怖いので我慢して食べていましたが、大人になった今はピーマンが食べら
れません。

子どもの頃、ピーマン以外にもブロッコリーやゴーヤも嫌いでしたが、今はそれらは普通
に食べられます。
でも、ピーマンは食べられません。
彼は「強制的に食べさせられたトラウマだ」と言っています。

それだけが原因ではないようですが、お母さんとは冷え切った関係になっています。
お母さんのことは「嫌い」というより「怖い」そうで、できるだけ会わないようにしてい
るそうです。

●給食のことで苦しんでいる子どもたちが今もいる

読者の中にも、子どもの頃に学校の給食や家庭での食事において、苦しい思いをしたこと
がある人はいると思います。
そして、今現在でも給食・食事のことで苦しんでいる子どもたちがたくさんいます。
子どもたちを苦しめる問題は次の2つに分けられます。

1. 小食で食べる量が少ない(量の問題)
2. 苦手な食べ物がある(質の問題)

私は長年小学校の教師として数多くの子どもたちを見てきましたが、給食がいじめや不登
校の原因になることもありました。
そのほかにも強制的な給食指導・食事指導にはいろいろな弊害があります。
お悩みがある方は「教えて! 親野先生」をお読みください
親力アップの基本はこの連載で

親野智可等の講演

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ