●人間の寿命が伸びる


これから世の中が大きく変化すると言われています。
よく挙げられるのは次のようなことです。


人工知能(AI)の実用化によって、生活も仕事も変わる。
さらなるグローバル化が進む。
日本は少子化による人口減少に直面する。


もちろん、これらのことは大きな変化です。
でも、もう1つ大事なことがあるのですが、あまり注目されていません。


それは、人間の寿命が伸びるということです。


●働く期間も長くなる


2015年1月4日放送のNHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来 第2回 寿命はどこまで延びるのか」によると、30年後には平均寿命が100歳になるそうです。
再生医療、ナノマシン、手術ロボット、薬の発達など、いろいろな理由によってそうなるとのことです。


平均寿命が100歳ということは、長生きする人は120歳くらいまで生きられるということになるのかと思います。


ということは、人間が働く期間も長くなる可能性があります。
もしかしたら、80歳くらいまでは、普通に働くようになるのかもしれません。


大学までいくとしたら22歳くらいで就職ですが、その後80歳まで働くわけです。
約60年間という長さです。


●若いころ身につけた知識で完走できる?


この間ずっと同じ仕事をするのでしょうか?
私は、そういうケースは少なくなると思います。


今までは、特に日本では、会社に就職して60歳の定年までほぼ同じ仕事というケースが多かったと思います。


若いころ身につけた知識や、その後積み重ねた経験によって、定年まで完走することができたのです。


でも、これからは違ってくると思います。
理由の第一は、……


つづきはこちら