●実践すれば、みるみる子どもが伸びる
 

子どもを伸ばす父親はほめ上手が多い。
ほめるのが下手で、子どもが伸びることは稀だろう。

 
多くのお父さんたちは頭ではそのことをわかっていると思うが、いざとなると、うまくほめられない。「いまさらほめるのも恥ずかしい」気持ちがあるのかもしれないが、ほめ方がわからない、何をほめていいかわからない、という人もいるだろう。

 
そこで、今回と次回の2回にわたって、お父さん方の苦手な「ほめ方のコツ」をお教えしよう。


ご紹介するポイントのいくつかを「だまされたと思って」実践すれば、みるみる子どもが自信をつけ、伸びることは間違いない。
それに万一効果がなかったとしても、マイナス面は何もない。
まずは実践してみてはどうだろうか。

 
以下、いくつかのポイントを順次見ていこう。




●大事なコツは、ポイントを絞ってほめること


1 ピンポイント法

 
重要なコツのひとつ。ほめるところを絞ってほめる方法だ。
たとえば、子どもの漢字書き取りノートを見たとき、お父さん方の9割は、字が汚くてイライラすることだろう。
それが普通だ。

 
しかし、中にはきれいな字もいくつかはあるはずだ。
そこに丸を付けてほめる。
汚い字には目をつぶって、比較的きれいな字だけをピンポイントでほめる。

 
これを毎日続けて丸が増えてくると、子どもは不思議なことに、だんだんていねいに書くようになる。わざわざ「ていねいに書け」と言わなくても、必ずそうなるのだ。

 
丸を付けてほめた後、「書き直したいと思う字はある?」と聞いてみよう。
ほめた後に聞くことが重要だ。
すると子どもは「この字を直したい」というから、書き直させて、またほめる。
これを繰り返せば、必ずていねいに漢字を書くようになる。




●次のコツは、短所をどうほめるか


2 短所言い換え法

 
親というものは、子どもの短所ほど目につくものだ。
ダラダラしている、やるべきことをやらない、整理整頓をしないなど、「子どもの短所を挙げてください」と訊くと、スラスラといくつも言える親が多い。

 
ところが、子どもの長所を挙げてくださいというと、なかなか出てこない。
しかし、大人も同じだが、短所は長所の裏返しである。ここが重要だ。

 
何でも後回しにして遊んでしまう子は、「度胸がよい」「神経が太い」とも言える。
これは、大人になってから大事な資質だ。

 
いつも気を抜けない神経質な人では、大きな仕事を任されたときにその重圧に参ってしまう恐れがある。
その点、神経が図太い子は、トラブルが起きても乗り越える力があるかもしれない。

 
逆に「家に帰ったら宿題をしないと気がすまない」性格は、もしかしたら長所ではないかもしれない。親としてはすばらしい長所に思えても、将来を考えると、逆に不利かもしれない。

 
つまり、要は親の見方だ。
そういう目で見れば、宿題をしてなくても平気で遊べる子が、頼もしく見えてくるだろう。

 
親が子どもを見るときに「直すべき短所」と否定してしまうのではなく、「ちょっと別の角度から見る」ことは大切だ。
短所は長所の裏返しであり、無理に矯正してしまうことで、子どもの長所を奪っているかもしれないのだから。




●他の子と比較せず、我が子を虚心坦懐に見つめよう


3 成長評価法

 
我が子を他の子と比べたくなるのは人情だが、子どもの成長には個人差がとても大きい。
いろいろなことが早くできるようになる子も、遅い子もいる。
人と比較して人より遅いところ、劣っているところを矯正しようとするべきではない。

 
他の子と比べるのではなく、その子自身が以前に比べて成長した点、良くなったことを見つけて、ほめよう。
たとえそれがほんの少しでも、とにかく前進しているのだから、それはすごいことだ。

 
多くの親は「何年生までには、こんなことができていないといけない」というイメージを抱きがちだ。そんな考えは必要ない。

 
固定的なイメージを持っていると、左右の靴を間違わずに履けるようになったとか、繰り下がりの計算ができるようになった、掛け算九九ができるようになった、などといった「その子にとってはすごい進歩」が、「やっとできたか」「できて当たり前」などと、逆に叱る材料になってしまう。

 
その子ががんばってできるようになったことは、素直に親としてほめてやろう。
他の子と比べずに、自分の子をしっかりと見つめよう。




●我が子を「一歩下がって見る」目が大事


4 個人内評価法

 
前項の「成長評価法」は時間軸による評価だが、個人内評価法は、その子の中でいいことを見つけてほめる方法だ。

 
たとえば、勉強で理科が比較的できるならば、たとえ他の子より成績が悪くてもほめる。
算数が苦手でも、計算ができるならば、「計算が得意だね」とほめる。

 
やはり、他の子と比較せず、その子の中で、いいことを見つけようとすれば、いくつもほめることは出てくるはずだ。


5 一歩下がり法


「ほめようにも、我が子には得意なことがない」という親もいるが、毎日、元気で過ごしているだけでもすばらしいことだ。

 
字が雑だと言っても、字が書けるだけでもすごいことだ。
これは冗談で言っているのではなく、本当にそうなのだ。


親は、わが子ができることに対しては「できて当たり前」と思ってしまうことが多いので、ほめられない心境になってしまう。


つまり「当たり前」と思うと、さらに先を見て、欠点ばかりに目が行ってしまう。
たとえば、字が書けることより、雑なことが目についてしまう。

 
親のイメージや願いは子どもとは無関係に勝手に進んでしまうものだが、一歩下がって見つめると、ほめる要素はたくさん出てくる。

 
上を見ればきりがない。
勉強ができない、成績が悪いと言っても、ちゃんと字は書けるのだから、あわてることはない。




●自分の子ども時代を振り返って、子どもをほめよう


6 我が身振り返り法

 
親はいつも子どもを評価する側に立っているが、ときには親自身が自分を振り返って、子どもを見てほしい。

 
自分はルーズだが子どもは几帳面だとか、自分はあきらめやすいが子どもは粘りがある。
あるいは、自分は怒りっぽいが子どもはいつも穏やかにニコニコしている。
――よく考えると、親よりもいい点が、子どもになにかあるはずだ。

 
親はそれに気づいていても、ほめる材料になっていない。
もし、子どもが頑張り屋なら、こう言ってほめやろう。


「お父さんは三日坊主だけど、お前は偉いな」


こう言うと、子どもは大喜びするはずだ。
あるいは、親の子ども時代と比べてほめてやる。


「お父さんは子どもの頃、~だったけど、お前はすごいな」

 
小学生にとって、親は子どもの尊敬の対象だ。
だから、その本人からそう言ってもらえると、自信になる。
ときには多少のウソが混じってもいいだろう。


「お父さんなんか算数で100点を取ったことがないのに、すごいな」というようなウソは許されるウソだ。


「お父さんが子どもの頃、賞状なんてもらったことがないのに驚いたよ」

 
昔と違って今は賞状を乱発するので、子どもが賞状をもらう機会は多い。
そこで「昔の賞状より価値が低いな」などとは言わずに、ほめてやればいい。

 
会社でも同じだろう。
部下はほめて伸ばすことだ。


「俺の新入社員時代より、お前たちは進んでいるな」と言えば、新人も喜ぶだろうが、普通は「俺たちの新入社員時代に比べて、お前らは~」と非難になる。
一度、我が身をふり返って、部下の美点を見つけてはどうだろうか。