最近のいじめは、昔に比べて多様になり、大人から見えにくくなっている。

 
前回も触れたように、あまりいじめを受けにくいように思われる強い子、元気な子、活発な子、明るい子、友達が多い子などでも、いじめられていることはある。

 
多様で巧妙になったいじめを担任が見抜けないように、親もまた自分の子どもがいじめられていることに気付かないケースが多い。
なぜなら、多くの子どもが自分がいじめられていることを親に知られたくないからだ。


学校がつらいから家ではくつろぎたい、親に心配をかけたくないといった気持ちもあるだろうし、いじめを親に告白していろいろと聞かれるのも嫌だろう。
あるいは、いじめている相手から「チクったな」とさらにいじめられることが恐いかもしれない。

 
そのため、子どもは親に話そうとしないばかりか、隠そうとし、わざと明るく振る舞うことも少なくない。




●いじめのサインに気をつけよう
 

とはいえ、心の内側の苦悩が何らかの形で表に出るのも事実だ。
「いじめのサイン」にはいろいろなパターンがあるが、特に以下のようなことがあったら要注意である。


元気がない。逆に、妙に明るい
口数が減った。逆に、口数が増えた
顔色がよくない。表情が暗い。無表情になった
ぼーっとする
体の不調を訴える
体重の増減
いらいらしている。反抗的で怒りっぽくなった
学校や友達のことを話さなくなった。その話題を避ける
遊びに出なくなった。友達が来なくなった
遊ぶ友達が変わった
友達が転出した
転入生が来てクラスの人間関係が変化した
登校が遅くなった。逆に、妙に早くなった
帰宅が早くなった。逆に、妙に遅くなった
登校を渋る。休みたがる
「いってきます」「ただいま」の声の調子が違う
本、ノート、下敷き、消しゴムなどに落書きや、それを消した跡がある
筆箱の中身やその他の持ち物が減っている
服やカバンが汚れる。破れる
持ち物が汚れる。壊れる
けがをする
金遣いが荒くなった。お金を欲しがる。家のお金や品物がなくなる
修学旅行、キャンプ、社会見学、遠足、総合学習、部活、塾、スポ少(スポーツ少年団)の話題を避ける。休みたがる
メールを非常に気にする
その他、なんとなく普段と違う
 

「元気がない」と「妙に明るい」など相矛盾するサインがあるので、いじめの発見をさらに難しくしている。

 
子どもが「親だけには知られたくない」と思っている場合、見抜くことは本当に難しい。
だが、日頃から上記のようなサインに気をつけ、兆候があれば注意深く観察するべきだろう。

 
いじめの情報が我が子ではなく、友だちのお母さんから伝えられることも少なくない。
友だちが、自分のお母さんにクラス内のいじめのことを話したとき、親がそのお母さんと仲がよければ、知らせてもらえる。




●絶対に子どもに言ってはいけない言葉
 

それでは、いじめが発覚したときに親としては何をするべきだろうか。

 
まず、子どもに絶対言ってはいけない言葉がある。

そんな弱いことでどうする? 
勇気を出せやられたらやり返せ
いじめられるお前にも問題があるんじゃないか?
お前がはっきりしないからいじめられるんだ
 

特にお父さんたちはこうした言葉を子どもに投げつけがちだが、それができれば子どもも苦労しない。できないから、悩んでいるのだ。

 
このような言い方をするのではなく、まず受容的、共感的に話を聞いてやることが大切だ。
子どもは話すだけでもストレスをある程度解消できる。


親はアドバイスや説教をしたくなるかもしれないが、ぐっとこらえて、子どものストレス解消に努める。
話を聞いてやって、好きな遊びをゆっくりさせてもいいし、休日に遊園地に連れて行ってもいい。
家庭ではくつろげるような環境を作ってほしい。

 
次に担任に事実を報告する。
緊急の時はすぐ電話で伝え、さらに約束して学校に話し合いに行く。
その際、ちゃんとした服装で行くことだ。
買い物帰りのような格好では、真剣味が伝わらない。
できれば、夫婦で出かけた方がいいだろう。

 
問題が深刻だったり、学校側の対応が遅い場合は、クラスの親や学級代表と一緒に話し合うが、その際は担任だけでなく校長、副校長、生徒指導主任なども同席してもらった方がいい。

 
いきなり、怒鳴り込む親もいるが、それは子どものためにならない。
けんか腰で行くと、学校側は守りに入り、出すべき情報も出さなくなる。
だから、一緒に問題を解決しましょうという姿勢が大切である。
 

もし、顔すら合わせたこともないようだと教えてもらえないかもしれない。
だから、母親でも父親でもクラス内のネットワークは大切だ。




●「一人でいる力」を身につけさせるのもいじめ対策
 

いじめが起きたときにお父さんたちにやってもらいたいことは、冷静に対応することだ。

 
まずは、子どもに「いじめからお父さんが守り抜いてやる」ことを伝え、情報をできる限り集めて、対策を考える。
仕事ではいくら相手に非があっても、すぐにけんか別れはしないだろう。
冷静に学校側と話し合って、解決策を探ることだ。

 
友だちをいじめる子どもの多くは親子関係に問題がある。
その改善について学校が指導していくことも大事だ。

 
一方、ときには、いじめを受ける側にも「いじめを受けやすい要素」がある場合もある。
いじめられる側に「原因も非も責任もない」のは当然のことであるが、見た感じや振る舞いや態度面などでいじめを受けやすい要素があることもあるのだ。

 
お父さん方はそれを客観的に見つけて、改善した方がよければ改善に取り組むべきだろう。
例えば、「不潔な感じがする」「イヤと言えない」「おとなしすぎる」「すぐムキになる」「冗談が通じない」などである。

 
もちろん、すぐに直そうとしても無理だし、それが子どもに苦痛になることもあるので、長い目でじっくり取り組むことが大切だ。

 
子どもはちょっとしたことで、相手をからかったり、バカにしたりするものだ。
それを受け流せず、いちいちムキになっていると、いつの間にかいじめの対象になる。
冗談やユーモアで切り返せるようになれば、子どもの心も成長するだろう。
父親がそうした対応をロールプレーイングなどで教えてあげてほしい。

 
引っ込み思案で、おとなしい子は泊まり込みのサマーキャンプなどに思い切って子どもだけ送り出す手もある。
塾やスポーツクラブなどに入れるのもいいだろう。
学校以外や大人の中で自分の居場所を見つけることのできる子もいる。

 
いじめが悪質である場合は、転校も有効な手段だと思う。

 
最後に本コラムの1回目で書いた「一人でいる力」を子どもに身につけさせることも大切だ。

 
自分の世界や好きなことを持っていて、グループから離れて一人でも平気でいることができる子はいじめにも耐えることができ、いじめグループの仲間入りもしない。