●「あんたに言われたくないよ」と思ってしまうとき

 

 

 

例えば、あなたの職場に自己中心的で嫌みったらしい上司・Aさんがいたとします。

 

その人は、人のあら探しばかりしていて、あなたに対しても些細なことで叱ったり嫌みを

言ったりしてきます。

 


 

そんなAさんが、ある日の朝礼で、「みなさん、仕事というものは自分のことだけ考えて

いてはいけませんよ。周りの人のこともよく考えて、のりしろのある仕事をしましょうね。

わかりましたか?」と言ったとします。

 

あなたは、素直な気持ちで言うことを聞く気になれますか?

 

 

 

「本当にそうだ。Aさんの言うとおりだ。これから自分も気をつけよう」などと思うでし

ょうか?

 

まずムリだと思います。

 

 

 

それどころか、「あんたに言われたくないよ」「上から目線でえらそうに。誰が聞いてや

るか」と思ってしまうはずです。

 

何を言うかよりも、誰が言うかが大事なのです。

 

 

 

●「本当にそうだ。ぜひともそうしよう」と思えるとき

 

 

 

この反対に、いつも親切で思いやりのある上司・Bさんがいたとします。

Bさんは、あなたのがんばりをよく認めてくれて、いつもあたたかい声かけをしてくれま

す。

 

失敗したときには笑って許してくれますし、悩みがあるときには共感的に聞いてくれます。

 

 

 

そんなBさんが「のりしろのある仕事をしましょうね」と言ったとしたら、あなたは「本

当にそうだ。ぜひともそうしよう」と思うはずです。

 

繰り返しますが、何を言うかよりも、誰が言うかが大事なのです。


つづく
学研キッズ


まずはこの記事・お薦めコラム@HP
次にこの記事・お薦めコラム@HP
お悩みがある方は「教えて! 親野先生」をお読みください
親力アップの基本はこの連載で

親野智可等の講演

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ