書く力を伸ばすために取り組む作文や読書感想文。
「自由に書いていい」とは言うけれど、コンクールで表彰される子とそうでない子の違い
は何なのでしょうか? 

読書感想文を書くのが苦手という子は、どういうステップで進めていけばいいのでしょう
か? 
公立小学校で23年間教壇に立ち、現在は教育評論家として活躍している親野智可等先生に
聞いてみました。

●キラリと光る読書感想文には子ども自身の体験が描かれている

夏休みの宿題の定番といえば、読書感想文。
多くの書店では、この時期に合わせて、課題図書や推薦図書のコーナーを設けますが、こ
れだけたくさんの本があると、どの本を選んだらよいのか分からないという親御さんも多
いことでしょう。

「『子どもには良質な本を読ませたい』『名作を読めばよい感想文が書けるに違いない』
と思うかもしれませんが、読書感想文の本は必ずしも名作である必要はありません」と親
野先生。

読書感想文コンクールの審査員を務めた経験もある親野先生は、入賞する子どもたちの作
品にはある共通点があるといいます。
それは、自分自身の体験と重ね合わせ、自分の言葉で表現していること。

「よい読書感想文には、その子の経験と思考が表現されています。
ですから、まず大事なのは本選びなんです。
子ども自身がリアルに体験していることと関連する本を選ぶと書きやすくなります。
いくら名作とはいえ、全く知らない世界のことを書くのは難しいもの。

本を選ぶときは、子どもが日ごろから夢中になっているものや、最近特に関心を示してい
ることなどを題材にした本を選ぶといいでしょう」

つづく
「日経DUAL」記事より
途中から有料記事になります

まずはこの記事・お薦めコラム@HP
次にこの記事・お薦めコラム@HP
お悩みがある方は「教えて! 親野先生」をお読みください
親力アップの基本はこの連載で

親野智可等の講演

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ