春に運動会をおこなう学校も多いようです。
運動会で最近問題になっているのが組体操です。

危険な技に取り組んで大けがをする事故が多いからです。
そして、けがだけですまない場合もまた多いからです。

私も「組体操をどう思いますか?」と聞かれることがあります。
そういうときは、「私が校長なら組体操はやりません。保護者がやってくださいと言ってきても、お断りします」と答えます。


スポーツ庁によると、組体操の練習中などに起きる事故は年間8000件以上とのこと。
過去46年間に組体操の事故で障害が残った子どもは92人、死亡した子どもが9人とのことです。

障害が残った子が92人で、死亡した子が9人!
そして、年間8000件以上の事故です。

これだけの犠牲を払ってもやり続けるほどの価値が、本当に組体操にあるのでしょうか?
私も教師のとき組体操の指導を何度かしましたが、答えは「ノー」です。

「組体操の目的は心と体を鍛え、団結力や忍耐心を養うこと」などとよく言われます。
もちろんこれらの目的は大切なものですが、手段としてはべつに組体操でなくてもいいわけです。
これほどリスクの高い組体操をあえて選ばなくても、ほかにいくらでも選択肢はあります。

組体操は手段のはずなのに、いつの間にか自己目的化してしまっている地域、学校、指導者がいます。


「安全に十分配慮すれば大丈夫」という人もいます。
これがくせ者です。

私の経験でも、こういうことがありました。
5,6年生の合同練習で、3人組のタワーを練習していたときのことです。
下の2人の肩に乗って立っていたある女の子が、バランスを崩して後ろ向きに落ちました。

私は近くにいてアッと思いましたが、一瞬の出来事で一歩も動けませんでした。
たとえ動けたとしても、下の2人の子の向こう側に落ちたので、どうしようもなかったと思います。

幸い肩の辺りから地面に落ちたので、けがはしませんでした。
でも、もし首から落ちていたらと思うとぞっとしました。


そのときも、もちろん安全に配慮はしていました。
各クラスの担任以外の級外の先生にもついてもらっていたと思います。

でも、クラス担任が6人で、それに級外の2人を足しても8人です。
かたや子どもは200人です。
1人の先生が25人をみるのです。

「安全に十分配慮」と言ってもムリです。
先生が40人くらいついて、1人の先生が見る子どもが5人ほどということになれば、「安全に十分配慮」といえるかもしれません。

でも、毎回の練習でそんなことができるはずがありません。。

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ