●文章問題を作るコツ 

 
私が教師として最後に受け持ったのが2年生でしたが、そのときの教え子にYさんという女の子がいました。 
 

その子は、毎日欠かさず自主勉強をやってきました。 
特によくやってきたのが算数の文章問題でした。 
 

なぜ、それほどがんばれたかというと、毎日お母さんが手作りの文章問題を作ってくれたからです。
 

 
例えば、次のような問題です。 

 
Yさんは、焼津のイオンで257円のお菓子を1つ買い、138円のノートを2冊買いました。 
最初に950円持っていました。 
残りはいくらですか? 
 

Yさんは、200ミリリットルのジュースを2本のヤクルトのボトルに入れて弟のS君にあげました。 
すると、S君はすぐ飲んでしまいました。 
そのヤクルトのボトルは65ミリリットルと80ミリリットルでした。 
残りのジュースは何ミリリットルですか? 
 
 
●身近な人が登場するので解いてみたくなる 

 
このように、文章問題にはYさん自身や、家族、友達などがよく出てきます。 
そして、実際の生活であったこと、あるいはありそうな場面がよく題材になっています。 
 

こういった工夫のおかげで、Yさんは毎日楽しく文章問題に取り組めたのです。 
子どもは、自分や家族や友達が出てくるだけで楽しくなり、やってみたいという気になります。 

 
また、登場人物も場面も身近なので、文章問題の内容をイメージしやすくなります。 
それによって、式も作りやすくなるのです。 
 

さらに、親の手作り問題には、できあいの問題にはないよさがあります。 
それは、子どもの理解度や必要性に応じて問題が作れるということです。 

 
例えば、足し算と引き算が組み合わさった問題が苦手なら、それに応じた問題を出すことができます。