●意地悪な質問が嘘を誘発する

次のような会話をしていませんか? 

親 「先生に住所変更の書類を渡した?」
子 「え? うん、渡した。」
親 「嘘おっしゃい。バッグの中に入ったままじゃない。さっき、見たんだから!」
子 「あ、出したと思ったけど、忘れてた。」
親 「また嘘ついてごまかす。なんで嘘ばっかり言うの!」

この場合、お母さんは既に子どもが書類を出していないのを知っていたのです。
それなのに、わざわざ「渡した?」などと意地悪な質問をして、子どもの嘘を誘発してし
まいました。

子どもは過去の経験によって、正直に「忘れた」と言えば叱られると学んでいます。
ですから、親が罠を仕掛けていることに気づかないまま、瞬間的に嘘をついてしまったの
です。

●シンプルに言えばすむ話

本当はこんな質問をする必要など全くなく、「書類を出し忘れちゃったんだね。明日は必
ず出してよ」とシンプルに言えばすむ話です。
もし明日も忘れそうだと思ったなら、ランドセルの内蓋に貼り付けるなどの工夫をしてお
けば安心です。

このような対応をすれば、親も叱る必要がありませんし、子どもも叱られなくてすみます。
お互い嫌な気持ちにならずにすむわけです。
子どもは、忘れないための工夫をしてくれた親のことをありがたいと思いますし、工夫す
ることの大事さも学べます。

親が日頃からこのような対応に心がけていれば、子どもは親の愛情を実感できます。
それによって親への信頼も高まりますし、素直な気持ちにもなれます。

つづく
学研キッズネット

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ