●日頃から何気なく使ってしまう「女の子なんだから……」


先日、駅の構内で、「あなた女の子なんだから、そんな乱暴なことしちゃダメでしょ!」と叱っているお母さんを見ました。
叱られていたのは、中学生とおぼしき女の子で、どうやら弟に体当たりのようなことをしたようです。


事情はよくわかりませんが、「女の子なんだから」という言い方には非常に違和感を持ちました。
これでは、男の子なら乱暴なことをしてもよい、ということになってしまいます。


でも、あらためて考えてみると、私たちは、「女の子だから」「女のくせに」とか「男の子だから」「男のくせに」などという言葉を、日頃から何気なく使ってしまうことがあります。

 
「女の子なんだから、そんなことしないの」
「女の子なんだから、そんな色はやめて赤とかピンクとかにしなさい」
「うちの子は女の子なのに、サッカーやりたいって言うのよ」
「あの子は女の子なのに、人形よりブロックや鉄道のおもちゃがいいんだって」
「女のくせに、あぐらなんかかいてる」


「男の子なんだから、メソメソ泣かないで」
「男なんだから、もっと大きな声で言いなさい」
「男のくせに、人形なんかで遊んでる」
「あの子、男の子なのに、裁縫や折り紙が好きなんだって」
「もっと男らしくしなさい!」


●無意識のうちに封建主義を引きずっている


こういう言葉の裏には、「女の子は女らしく、男の子は男の子らしく育てなくてはならない」という思い込みがあります。
「女の子は静かで控えめで、優しくてかわいらしい。男の子は元気で行動的、強くてたくましい」という思い込みです。


このような思い込みの土台にあるのは、何百年も続いたかつての封建主義的な考え方です。
それを21世紀の今になっても、無意識的に引きずっているのです。
もう、そろそろ、そういう思い込みから抜け出したいものです。


●本当はもっと大きく羽ばたけたはずなのに


「女の子なんだから、そんなことしないの」と言われて育った子は、どうなるでしょうか?
やりたいと思ったことがあっても、自分でブレーキを踏んでしまうかもしれません。
本当はもっと大きく羽ばたけたはずなのに、ちょっと飛んだだけでやめてしまうかもしれません。


「女なんてつまらないな。女の子は、やりたいと思ったことをやってはいけないんだ」と考えるようになってしまうかもしれません。
すると、女の子であるというだけで自分に対する自信も持てなくなり、将来への夢もしぼんでしまいます。


「うちは女の子だから、ブロック、積み木、自動車や電車のおもちゃより、○○や□□を買ってやろう」と考える親がたくさんいます。
空間認識が苦手で図形問題に苦労する女の子が多いのは、それが原因だという説もあります。

 
一方、「男の子なんだから、メソメソ泣かないで」と言われて育った男の子は、どうなるでしょうか?


つづく
TOMASスカラ


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ