●「来た、来た、反抗期」でゆとりを


思春期・反抗期の子どもとの接し方は難しいですね。
これで悩まない親はいないはずです。
中には、「自分の育て方が間違っていたのではないか?」と思ってしまう人もいるようです。


でも、これは順調に成長している証拠ですから、まずは「来た、来た、反抗期」という感じで、心にゆとりを持つようにしましょう。
日常生活での細々したことで叱ったり、小言を言ったりするのはやめたほうがいです。
この時期にそんなことを言っても、無駄であるばかりでなく、お互いのストレスが増えるだけです。


●明るい声かけは続けよう


でも、だからといって何も声かけをしなくなると、子どもは見放されたように感じてしまいます。
自分が親から大切にされていないように感じて、愛情不足感を持つようになるのです。
ですから、明るい声かけは続けましょう。


「さあ、起きるよ~。今日も天気がよくて気持ちがいいよ」
「いってらっしゃい。気をつけてね」
「部活、お疲れ様。たいへんだったね。夕食は大好きな○○だよ」


「ありがとう。助かるよ」
「がんばってるね」
「がんばってね」
「たいへんだね」

これらの言葉で子どもは親の愛情を実感します。


●人間として許されないようなことは絶対に止める


子どもの行動で心配になることがあるときは、「お母さんは心配だよ」「気をつけてね」と素直に伝えることも大事です。
「お前はどうせ○○だから、気をつけなきゃダメだよ」などの言い方だと、余分な反発を招きます。


もちろん、子どもが人間として許されないようなことや、極めて反社会的な行動をしているとき、あるいはしそうなときは、絶対に止めなければなりません。
これもとめないでいると、子どもは「お父さん・お母さんは、なんでとめてくれないんだ。ぼくのことなんか、どうなってもいいと思っているんだな」と感じるようになります。


●子どもがせっかく甘えてきたときは


思春期・反抗期の子どもも、自分でできないことは親に頼んできます。
自分で買えない物があるとき、お金が欲しいとき、車で送迎して欲しいとき、携帯などの契約をするとき、などです。


親としては、「いつもはこっちが話しかけても無視するくせに、こういうときばかり、なんなんだ?」と思って嫌みなことを言いたくなるかもしれません。
でも、それはやめておきましょう。
反抗期の子がせっかく甘えてきてくれているのですから、これもまたコミュニケーションの得難いきっかけと考えて、楽しいやり取りをしてください。

つづく
学研キッズネット

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ