新年度が始まりました。

子どもにとっては新しい学年であり、進学した子にとっては新しい学校ということになります。
新しい学校、新しい教室、新しい先生、新しいクラスメート、新しい生活の始まりです。いろいろなものがかわると、子どもたちは緊張しっぱなしになり、その分ストレスが溜まります。


学校から家に帰ってくるとその疲れが出ます。
帰宅してすぐ眠ってしまったり、不機嫌そうにしていたり、いつもよりダラダラしたりすることもあると思います。


大人でも職場がかわればかなり疲れます。
経験の少ない子どもたちはなおさらです。
ですから、家では十分リラックスできるようにしてあげてください。
家でリラックスできて初めて学校でがんばるエネルギーがわいてきます。


子どもが何か話したときは共感的に聞いてあげることが大切です。
でも、親の多くはこれが苦手です。
たとえば、子どもが「今度の先生、細かくて厳しそうだからイヤ」と言ったとき、「先生の悪口を言っちゃダメでしょ」などと正論で跳ね返してしまいがちです。


これだと、子どもは何も言えなくなり、ストレスを溜め込むことになります。
こういうときは、「そうなんだ。細かくて厳しそうなんだ……」「あんまり厳しいと大変だよね」などと共感的に聞いてあげましょう。
すると、子どもは話しやすくなりますし、たくさん愚痴を聞いてもらえばストレスが軽くなります。


たとえ子どもが話してくれなくても、子どもの様子をよく見ていることは絶対に必要です。
子どもの悩みで一番多いのは、なんといっても子ども同士の人間関係、つまり友だちのことです。
続いて、先生のこと、給食のこと、勉強のことなどになります。
もし、気になることがあったら、早めに先生に相談しましょう。


「先生も忙しいから……」と遠慮してしまいがちですが、問題が大きくなってからではお互い余計に大変になります。
気になることがあれば、連絡してみてください。

つづく
東洋経済オンライン
このあと、いよいよ秘密特訓を紹介!


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ