●子どもとの会話で、どんな受け答えをしていますか?


次のパターンA・Bの会話を比べてみてください。
どんな違いがあるでしょうか?

 
【パターンA】


子「今日、嫌なことがあったの……」
親「どうしたの?」


子「授業中に隣のY君が話しかけてきたから答えただけなのに、先生に叱られた。私は悪くないのに、めっちゃ頭にきた」
親「でも、先生から見ればおしゃべりしてるように見えるよね」


子「Y君が隣だといろいろ迷惑。しょっちゅう筆箱を忘れて、私の鉛筆を借りようとするんだもん」
親「だけど、あの子おもしろいところあるじゃん。物まねもうまいし」


子「この前なんか、私の消しゴムを使って、『ありがとう』も言わないのよ」
親「けど、あの子勉強できるんだから、あんたもいろいろ教えてもらいなよ」


子「あんなやつに教わりたくないよ。勉強ができても、だらしがなさすぎ」
親「そうは言っても、やっぱり勉強ができないと、いい学校に入れないよ」


子「また勉強の話? 私の悩みなんて、どうでもいいんだね?」
親「でも、あなた、もうすぐ期末テストでしょ? そんなこと言ってるヒマがあったら勉強しなきゃダメでしょ」


子「もう、いい! 私の話なんか、なんにも聞いてくれないんだね」

 
【パターンB】


子「今日、嫌なことがあったの……」
親「どうしたの?」


子「授業中に隣のY君が話しかけてきたから答えただけなのに、先生に叱られた。私は悪くないのに、めっちゃ頭にきた」
親「そうなんだ……。それは頭にくるよね」


子「Y君が隣だといろいろ迷惑。しょっちゅう筆箱を忘れて、私の鉛筆を借りようとするんだもん」
親「なるほど、それは困るね」


子「この前なんか、私の消しゴムを黙って使って、『ありがとう』も言わないのよ。『ありがとう』くらい言って欲しいよ」
親「たしかに、『ありがとう』のひと言くらい欲しいよね」


子「そうだよ。そうだよ。お母さんもそう思うでしょ。礼儀ってもんがあるよね」
親「ほんと、そうだよね」
子「ああ、しゃべったらすっきりした」


親「Y君って、勉強はできるんでしょ」
子「そう、たしかに、勉強はできる」


親「今度、勉強を教えてもらっちゃえば。あなた、いつも助けてあげているんだし」
子「そうだね。それはいいかも。私が苦手な理科も、あいつは得意だから」
親「期末テストもあるし、もう準備を始めておいたほうがいいよね」


つづく
TOMASスカラ

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ