[ 問題 ]


子どもを正直な子に育てたいと思います。
あなたは次の中のどれですか?


A.日ごろから「ウソつきは嫌いだからね」と言い聞かせておく

B.日ごろから「困ったときは何でも言ってね」と言う

C.正直に言ってくれたときにほめる









診断結果



Aを選んだ人:×

これは、子どもに「親に嫌われたらどうしよう」という恐怖心を植え付け、それをもとにしつけるやり方です。
これだと、子どもは安心して心安らかに過ごすことができません。
そして、自分でもわからない漠然とした不安を引きずるようになります。



Bを選んだ人:◎

正直な子に育つかどうかは、親に対する安心感があるかないかで決まります。
「困ったときは助けてもらえる」「親は自分の身方になってくれる」と感じていれば、子どももウソを言ってごまかす必要がありません。



Cを選んだ人:◎

たとえば、「正直に言えたね」「正直に言う気は勇気だね(洒落)」「正直に言ってくれてありがとう」「正直に言うとすっきりするよね」というようにほめてあげましょう。


ポイント


Aについてですが、このような言い方の危険性に気がついていない人が多いようです。
「ウソつき」以外にも、「そういうことをする子は嫌いだな」などの言い方をする親がときどきいます。


親の理屈としては、「『ウソつきは嫌い』『そういうことをする子は嫌い』と言っているだけで、『あなたが嫌い』とはひと言も言っていない」ということになります。


でも、それは親の側の理屈に過ぎません。
言われる子どもにしてみれば、「ウソつきと思われたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」と心配になってきます。
「もしかしたら、もう嫌われているのではないか?」と心配になるかも知れません。


これは、子どもに恐怖心を与え、それによって子どもをコントロールするやり方です。
あるいは、「嫌われる」という罰で子どもを支配するやり方ともいえます。


さらに言い換えると、「親の愛情は無条件ではないよ。こういう子でないと愛してあげないよ」というメッセージを伝えて、子どもを支配するやり方です。


これでは、子どもは安心して親に心を許すことができません。
常に親の眼鏡にかなう自分を、ウソつきでない自分を演じなければなりません。
それが既にウソです。


親が子どもに伝えるべきなのは、「どんなあなたでも大好きだよ。常にあなたの味方だよ。ありのままのあなたでOKだよ」というメッセージです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ