[ 問題 ]


勉強、運動、お手伝い、生活習慣、しつけなど、いろいろな面で親は子どものために様々な働きかけや指導や手助けをします。
でも、なかなか結果が出ないときもあります。
あなたはどう思いますか?


A.結果が大事だから、大いに結果にこだわるべき

B.結果が大事だから、少しは結果にこだわるべき

C.結果にはこだわらないほうがいい









診断結果



Aを選んだ人:×

親が結果にこだわると、どうしても否定的に叱ることが多くなります。
子育て・教育では親がいくらがんばっても、いくらあがいても、どうしようもない部分があります。
なぜなら、結果を出すのは親とは別の人間である子どもだからです。



Bを選んだ人:△

Aと同じです。



Cを選んだ人:◎

子育て・教育では、結果にこだわらず親がすべきことや親にできることを楽しみながらやることが大事です。
つまり、過程を楽しむという姿勢です。


ポイント


勉強、運動、お手伝い、生活習慣、しつけなど、いろいろな面で親は子どものためにいろいろ働きかけたり教えたりします。
でも、なかなか結果が出ないときもあります。


例えば、算数を教えていて、親と問答しながら解くときはできるのですが、自分でやるとできなくなる子もいます。


そういうとき、結果にこだわって「できるようになる」ことを求めすぎると、どうしてもイライラして否定的な言い方で叱ることになります。
すると、子どもの意欲は減退しますますできなくなります。


それが続けば子どもは自信がなくなりますし、「親は自分のことをダメな子だと思っている」と感じるようになります。


子育て・教育では親が結果にこだわると、子どもを無用に苦しめることになります。
結果にこだわるのではなく、親として子どもと一緒に何かに取り組める、その過程を楽しむようにしてください。


子どものために何かしてあげられる、その過程、その時間こそが人生の一番すばらしい瞬間です。
何年も経ってから振り返れば、本当に大切で愛おしい時間だったことがわかるはずです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ