[ 問題 ]


お兄ちゃんを叱ったら、「オレばっかり…。何でもオレのせい。どうせオレが悪いんだよ」と言いました。
あなたはどう思いますか?


A.ちゃんと自分の悪いところを反省させなければ

B.公平に接しているはずなのに

C.何か不公平に感じていることがあるに違いない









診断結果



Aを選んだ人:×

「オレばっかり…」などの言葉が出るのは、親の言動に対して不公平を感じているからです。
つまり、自分は他の兄弟のように愛されていないと感じているのです。
その満たされない気持ちをそのままにして、自分の悪いところを反省させようとしても無意味であり逆効果です。



Bを選んだ人:×

親は公平に接しているつもりでも、子どもはそう感じていないことがとても多いのです。
子どもからこういう言葉が出たら、一度その子の立場に立って謙虚に振り返ってみることが必要です。



Cを選んだ人:◎

子どもをとがめる前に、自らを振り返ることができる親なら、子どもは救われます。


ポイント


・何でもオレのせい。オレより妹の方がかわいがられている
・いつも私ばかり叱られる。私は他の兄弟より愛されていないのかも
・ぼくはよく思われていないのかも。好かれていないんだな


このように感じている子はけっこういます。
これは親の愛情不足を感じているということであり、子どもにとってとてもつらいことです。


子どもにそう感じさせてしまう責任は、すべて親にあります。
親は公平に接していると思っていても、子どもの立場から見ればそう感じられないということなのです。


親はその子のために叱っているつもりかもしれません。
でも、「また○○してない。なんでまるまるしないの!○○しなきゃダメでしょ」などと否定的な言い方で叱ることが多いと、子どもは自分が否定されていると感じるようになり逆効果です。


まずは、自分が親に大切にされている、愛されている、と実感できるようにしてあげることが一番大切です。
それがないところで何をやっても、効果はありません。


そのためには、親の言葉づかいが大切です。
否定的な言い方で叱るのをやめて、明るく肯定的な言い方で促すようにしましょう。
そして、1日1回はほめるようにしましょう。
また、子どもの話には共感的に耳を傾けるようにしましょう。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ