●「親になって初めてほめられた」と言ったお母さん


私が教師だったとき、あるお母さんをほめたことがありました。
すると、そのお母さんから「親になって初めてほめられました」と言われました。
それで、私は、「たしかに、親としてほめられるというのはめったにないことなんだ」とあらためて思った次第です。

 
親はしっかりやって当たり前。
子どものためにがんばるのが当たり前。
しっかりやらなければ文句を言われる。
ちょっとサボれば文句を言われる。

 
夫に文句を言われる。
妻に文句を言われる。
おじいちゃん・おばあちゃんに文句を言われる。
親戚に文句を言われる。

 
先生に文句を言われる。
近所から文句を言われる。
当の子どもからも文句を言われる。


世間の偉そうなおじさんやおばさんから文句を言われる。
テレビのコメンテーターから文句を言われる。
いわゆる専門家、有識者、教育評論家から文句を言われる。

 
●自分で自分をほめよう。コツの1つめは部分をほめること

 
これでは切ないですね。
ですから、せめて自分で自分をほめてあげてください。
ほめるコツの1つめは部分をほめることです。


全体を漠然と見ていてはほめられません。
少しでもできている部分を見つけ出して、ほめましょう。
そのためには、できていない部分を責めないで、そこは目をつむることが大切です。

 
たとえば、細かいしつけができないからといって、自分を責めないでください。
(そもそもそんなことは必要ないですし)
その分、できない子どもを許すのは得意かもしれません。
そんなあなたをほめましょう。


つづく
ママノート

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ