[ 問題 ]


親子で旅行中に新幹線の改札を出ようとしたら、子どもが「切符がない」と言って泣き出しました。
こういう状況で、あなたの実際の対応は次のどれに近いですか?


A.「だらしがないからなくすんだ」と叱り、見つかるまで自分で探させる

B.「だらしがないからなくすんだ」と叱りながら一緒に探してあげる

C.「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と安心させながら一緒に探してあげる









診断結果



Aを選んだ人:×

これだと、子どもはつらいですね。
せっかくの楽しい旅行のはずなのに…。
これはしつけでも教育でもなく、ただ親という権力・立場に甘えた思いやりのない振る舞いに過ぎません。



Bを選んだ人:△

「だらしがないからなくすんだ」という言葉は、「お前はだらしがないダメな人間なんだ。いいか、わかったか?」と言い聞かせているのと同じです。
子どもはよい自己イメージを持てなくなりますし、親の愛情への疑いも出てきてしまいます。



Cを選んだ人:◎

ぜひ、このようにしてあげてください。
こういう親なら、子どもは心安らかな子ども時代を送ることができ、人を思いやれる優しい人間に育ちます。


ポイント


子どもが窮地に陥って困っているときは、まず助けて安心させてあげてください。
そして、その後で、改善のための方法を一緒に考えたり教えてあげたりしてください。


相手が困っているときはまず助ける、それは人間として当然の行いです。
大人同士の場合や相手がよその子の場合は、誰でもそうするはずです。


でも、わが子の場合はこれができない親がけっこういるのです。
助けることができないどころか、窮地に陥っている弱い相手を責めて攻撃する親がたくさんいます。


窮地に陥っている人を攻撃するなどということは、人間として許されないことです。
でも、「親だから許される」という勘違いと「これはしつけだ。教育だ」という錦の御旗があるので、このような非道な振る舞いをしてしまうのです。


親の全ての非道は「しつけ・教育」という名の下に行われます。
大切なのは人間同士の「共感・許し」です。


親には、子どもを一人の人間としてリスペクトする意識が大切です。
そこから人間同士の共感・許しが生まれます。


実際、子どもも一人の人間であり、親子関係も人間同士の関係なのです。


そして、親は一人の人間の一番大事な時期を預からせていただいているのです。
そのことを思えば、自ずとわが子に対する言動も整ってくるはずです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ