[ 問題 ]


子どもが「宇宙飛行士になりたい」「サッカー選手になりたい」「ノーベル賞を取りたい」「アイドルになりたい」などと突拍子もない夢を口にしました。
あなたは何と言いますか?


A.ムリムリ、もっと現実的に普通の仕事を考えなさい

B.かなり一生懸命がんばらなきゃムリだよ

C.いいね。きっとなれるよ。応援するからね











診断結果



Aを選んだ人:×

親にこういう反応をされると、子どもは自分が見込みのないダメな人間だと思われていると感じてしまいます。



Bを選んだ人:△

「かなり一生懸命がんばらなきゃムリだよ」という言葉の中には、「あなたにはそんなにがんばれないでしょ。だから、ムリだよ」というニュアンスが含まれています。



Cを選んだ人:◎

このように自分の可能性を肯定してもらえると、子どもは喜びます。
現実的にどうかということよりも、自分が肯定されたという点がうれしいのです。


ポイント


これは実際にあった親子のやり取りをもとにつくった問題です。
ある男の子が「プロ野球の選手になりたい」と言ったとき、お母さんは「ムリに決まってるでしょ。あんた運動全然ダメじゃん」と言ったのです。
それを聞いて子どもはシュンとなりました。


確かにその子は運動がまったく苦手な子でした。
ですから、親としては別にその子を傷つけるつもりはなく、事実を言っただけだと思っていると思います。


でも、言われた子どもの方はかなりしょげました。
子どもにしてみれば自分が否定されたと感じたのでしょう。


このような身も蓋もない言い方は子どもをがっかりさせます。
なぜなら、子どもは自分が見込みのないダメな人間だと思われていると感じるからです。


その反対に、Cのように言われれば子どもは元気がわいてきます。
親が自分の可能性を信じてくれていると感じるからです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ