[ 問題 ]


あなたは子どもに将来どのような人生を送って欲しいですか?


A.よい学校に行ってよい仕事について欲しい

B.自分がやりたいことを自分で見つけて実行できる人になって欲しい

C.「生まれてきてよかった。生きてるって楽しい」と思えるようになって欲しい









診断結果



Aを選んだ人:×

親が「よい学校」とか「よい仕事」というとき、それは親にとって「よい」ということに過ぎません。
Aのような気持ちが強いと、親の価値観を子どもに押しつけることになります。



Bを選んだ人:◎

このような生き方を願う親なら、子どもに自分の価値観を押しつけることはありません。
子どもは自分で人生を切り開いていけるようになります。



Cを選んだ人:◎

このような生き方を願う親なら、子どもに自分の価値観を押しつけることはありません。
表面的なことより、本人の気持ち、やりがい、生き甲斐、充実感を優先するからです。


ポイント


子どもへの親の願いにはwhatとhowの2種類があります。
whatは「何をして欲しいか」でありhowは「どのように生きて欲しいか」です。
私は親はwhatを抑えてhowを優先すべきだと思います。


whatを願う度合いが強いと、子どもへの押しつけが強くなります。
なぜなら、親の価値観からみて「よいもの」を選ばせたいと考えるからです。


Aはその典型ですが、それ以外にも次のような願いを押しつけるようになります。
習い事はこれをして欲しい。
運動はこれをして欲しい。
この学校に行って欲しい。
こういう仕事について欲しい。


子どもの頃から親にwhatを押しつけられて育つと、子どもは自分がやりたいことを自分で決めて実行していく喜びを味わえないまま成長することになります。


大人になってからも、その部分が弱いままになり「生まれてきてよかった。生きてるって楽しい」という実感も持てなくなりがちです。


BやCのようにhowを願う場合は、押しつけることが少なくなります。
どんな習い事や運動でもいいから、本人が喜々として取り組め充実した時間を過ごして欲しいと思うからです。
どの学校でもどんな仕事でも、本人が毎日楽しくて幸せであって欲しいと思うからです。


こういう親なら子どもは幸せです。
そして、自分の人生を主体的に生きていく能力と自信を育てることができます。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ