[ 問題 ]


子どもに、「植物に水をあげるときは、葉っぱや花にかけるのではなく土にかけるほうがいい」と教え、その理由も教えました。
ところが、翌日見ていると子どもは葉っぱや花に水をかけています。
あなたは何と言いますか?


A.水は土にかけなきゃダメでしょ。昨日教えたでしょ

B.土にかければ根っこから水が吸収されるよ

C.土にかけてあげて









診断結果



Aを選んだ人:×

このような否定的な言い方で言う必要などまったくありません。
否定的に言われてうれしくなる人はいません。



Bを選んだ人:◎

人間というものは、頭の片隅ではわかっていても、ついうっかりそれまでの習慣どおりに行動してしまうことがよくあります。
Bのように言ってあげれば、「あ、そうだった」と思い出して実行できます。


Cを選んだ人:◎

Bと同じです。これで十分です。


ポイント


Aのように言う人は、何を言うにも「○○しなきゃダメでしょ」という言い方をします。


「帽子かぶろうね」と言えばいいところで「帽子かぶらなきゃダメでしょ」と言い、「よく噛もうね」と言えばいいところで「よく噛まなきゃダメでしょ」と言います。


このような否定的な言い方をされていい気持ちのするひとはいません。
このように言われると心が閉じて素直な気持ちになれなくなります。


親は「教えたばかりなのに!」と感じてイライラするわけです。
でも、こんなことでイライラしても始まりません。


おとなでも、何度言われてもできないことはあります。
私も、同じことを自分に何度言い聞かせてもなかなかできないことがあります。


みなさんもあると思います。
まして子どもはなおさらです。
ですから、許してあげてください。
子どもが忘れていることやできないことは、その都度言ってあげればいいのです。


「何度言わせるの?」などと言わないで、何度でも明るく楽しい調子で言ってあげてください。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ