[ 問題 ]


年中の子を連れて病院に行き、受付台で名前を書いていたら子どもが「ぼくも見たい」と言って手をかけ受付台の上によじ登ろうとします。
あなたならどうしますか?


A.抱き上げて台の上を見せてあげる

B.ひとに迷惑をかけてはいけないということを話して聞かせる

C.ダメダメと叱ってやめさせる








診断結果



Aを選んだ人:◎

周りに迷惑をかけない範囲で、できるだけ子どもの好奇心を満たしてあげることが大切です。
それが子どものやる気・生きる意欲を育てます。



Bを選んだ人:△

この程度のことでは誰の迷惑にもなりません。



Cを選んだ人:×

行儀よくさせようと思いすぎて、必要以上に子どもの行動を封じ込めるのはよくありません。
ことあるごとに子どもの好奇心を摘み取っていると、生きる意欲自体が損なわれます。


ポイント


子どもは好奇心の塊で興味を持ったことをどんどんやろうとします。
ところが、それはたいてい親がやらせたいと望むこととは違うものです。
それどころか望まないことの方が多いとすらいえます。


でも、そこにこそその子のやる気の旬があるのです。
それをできるだけやらせてあげることで、やる気・生きる意欲に溢れた子が育っていくのです。


ところが、多くの親はそれができません。
周りに迷惑をかけてはいけないということで、なんでもかんでも「ダメ」と言って禁止してしまう親もいます。


これだと子どもの好奇心はしぼみます。
それが続くと、子どもはやる気・生きる意欲まで損なわれて無気力になってしまいます。


さんざん子どものやる気を摘み取っておいて、あとになって「うちの子はやる気がない」といっても後の祭りです。


子どもがやりたがっていることは、周りに迷惑をかけない範囲でぜひやらせてあげてください。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ