[ 問題 ]


ママ友が「算数が苦手なうちの子に、担任の先生がすごく熱心に個別指導してくれたの。だから、今度お歳暮を贈ろうかしら」と言いました。
それを聞いた鈴木さんは、「そういえば、うちの子が学校でケガをしたとき担任の先生に特別お世話になったわ。私もお歳暮を贈ろうかしら」と考えました。


あなたが鈴木さんならどうしますか?


A.物を贈る

B.商品券を贈る

C.物も商品券も贈らない









診断結果



Aを選んだ人:×

贈られた先生の気持ちとしては、「うれしい」より「困った」の方が大きいと思います。
お世話になったから感謝の気持ちを伝えたいという思い自体はすばらしいものです。
でも、その際は相手の立場や気持ちを思いやって方法を考えることが大切です。



Bを選んだ人:×

Aと同じです。



Cを選んだ人:◎

物や商品券でなく、心を込めた手紙を贈るのが一番です。


ポイント


公立の学校なら教師は公務員です。
公務員は利害関係のある人から物を受け取ることはできません。
私立の学校でも、学校の規定として保護者から物をもらうことを禁止しているところは多いと思います。
地域の慣習には違いがありますが、これが原則です。


ですから、保護者からお中元やお歳暮を贈られると困る、というのが先生たちの本音です。まず、宅配便が来たとき受け取るかどうか迷います。
受け取りを拒否するのも失礼かと思って受け取ったとしても、その後が大変です。


受け取れない理由を書いた手紙を書き、それを添えてもう一度宅配便で送り返すという先生もいます。
または、その贈り物は受け取ることにして、早急にそれと同額の物を贈り返すという先生もいます。
いずれにしても気苦労なことですし、余分な時間とお金もかかります。


気持ちを伝えたいとき一番いいのは手紙です。
何がどのようにうれしかったのか、心を込めて具体的に書けば気持ちをしっかり伝えることができます。
もらう側としてこれほどうれしい贈り物はありません。
手紙を贈るとは心そのものを贈ることなのです。


親が書いてもいいですし親子で一緒に書いてもいいですね。
親子で書けばそれ自体が一つの教育になります。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ