●親ならみんな「親の願い」を持っている


親はみんな「親の願い」を持っています。
「わが子にこうなってほしい」という願いです。


やるべきことをしっかりできる子になってほしい。
何度も同じことを言われないで自分でできる子になってほしい。
片づけができる、お手伝いもできる、挨拶もできる。
朝は自分で起きられる、脱いだ服はたためる、時間も守れる。
弟や妹にも優しい。
勉強も自ら進んでがんばれる。


このような願いを、親ならみんな持っています。
自分ではっきり意識していなくても、無意識のうちにもっているのです。


●わが子は「親の願い」のはるか下にいる


でも、現実のわが子はこの願いよりもはるか下の方を低空飛行です。
あるいは潜水艦のように海の底を徘徊しています。
 一向に浮かび上がってくる気配がありません。


親はみんな焦っています。
 子どものうちに何とかしたいという思いがあるからです。
それで、結局、子どもを叱り続けることになります。


「また○○してない。○○しなきゃダメでしょ。何度言ったらできるの?」
「なにやってるの。そんなことじゃダメでしょ。なんでちゃんとやらないの!」
こういう否定的な言葉が増えるのです。


●叱られている子は愛情不足を感じるようになる


こういう言葉を毎日浴びていると、子どもは自分に自信が持てなくなり、ますますできなくなります。
親に対しても、ちょっとした疑問が出きてきて、「お母さんはぼくのことをダメな子だと思ってるみたいだ。あまり大切にされていないかも。愛されていないのかも」と感じるようになります。


これが愛情不足感といわれるものです。
親は愛があるからこそ言っているのです。
一番大事なわが子のことを思って言っているのです。
でも、それが否定語表現なので、子どもは正反対のものを受け取ることになります。
愛情が実感できないのです。


児童心理学によると、親に対する愛情不足を感じている子はかなりの割合でいるそうです。
そういう子は不安でたまりません。
それはそうです。
 一番頼りにするべき親から、あまり愛されていないかもしれないのですから。
これはその子の存在基盤にかかわる根源的な不安といっていいほどのものです。

つづく
学研キッズネット

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ