[ 問題 ]


外から帰ってきた子どもがうがいと手洗いをしていません。
あなたなら何と言いますか?


A.すぐうがいと手洗いしなきゃダメでしょ。何度言われたらできるの

B.すぐうがいと手洗いしなさい

C.帰ったらすぐやることってなんだったかな~。あ~思い出せないよ~。困ったなぁ









診断結果



Aを選んだ人:×

これは相手を否定し批判する言い方です。
こういう言い方をされると、人は心を閉ざして素直になれません。



Bを選んだ人:○

これは相手を否定し批判する要素を入れない単純な言い方です。
これも1つの方法です。



Cを選んだ人:◎

このように、ちょっととぼけてユーモラスに言ってあげると、子どもは喜んで「うがいと手洗いだよ」と教えてくれます。
そうしたら、「あ~、そうだった。じゃあ、一緒にやろう」と言えばいいわけです


ポイント


ユーモアは人間関係の潤滑油です。
ユーモアのある人はいい人間関係を築くことができます。
何かぎくしゃくしそうなときも、ユーモアがあればうまく乗り越えることができます。


子どもにちょっとした指示を出すときも、ユーモアを交えて言えるといいですね。
でも、ユーモアを交えて子どもに指示を出せる親は少ないのです。


いつも上から目線で子どもを見下している親には無理な話です。
ユーモアは相手を尊重する気持ちとサービス精神の表れですから、「なんで子どもにサービスする必要があるのか」と思っている人にはできないわけです。


子どもたちはユーモアを理解できる大人が大好きです。
そういう大人なら自分たちを尊重してくれることを本能的に知っているのでしょう。


人との関係でいつも上下関係を強く意識してしまう人は、ユーモアに欠ける傾向があります。
つまり、下に対しては威張りたがり上に対しては卑屈になる人です。あなたはどうですか?


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ