[ 問題 ]


子どもがやったプリントを見たら、あっているのは半分くらいしかありませんでした。あなたは何と言いながら丸つけをしますか?

A:これ合ってる、これも合ってる。これも合ってるね

B:これ違う、これも違う。これも違うでしょ

C:黙ってつける









診断結果



Aを選んだ人:◎

間違っているところは黙っていて、合っているところはこのように言ってあげるといいですね。
合っているところを強調することで、子どものやる気を高めることができます。



Bを選んだ人:×

合っているところは黙っていて間違っているところを強調する言い方は、子どものやる気をくじきます。



Cを選んだ人:△

Bよりはいいですが、できたら肯定的な雰囲気を演出したいところです。


ポイント


同じ物事についても人によって感じ方は違います。
例えば2連休の2日目の朝、「あ~、休みも今日で終わりだ」と感じる人もいれば「やった今日も休みだ」と感じる人もいます。


この問題でもAとBの感じ方があり得るわけですが、どうせならAのようなプラス思考の方がいいと思います。
合っているところを強調してあげることで、子どもは勉強への肯定的な気持ちを持てるようになるからです。


もともと人間の認識というものは常に主観に左右されるものです。
これはカントという哲学者が300年前に発見したことです。
カントは「主観的でない認識というものは存在しない」とすら言っています。
この発見は哲学におけるコペルニクス的転回と言われるほど大きなものでした。


私たち人間は、日々の生活はもとより、人生の諸事万端において主観的な認識をしながら生きていく定めなのです。
つまり、人生の全ては自分がどう感じどう考えるかで決まるのです。
どうせなら、プラス思考で生きていきたいものです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ