[ 問題 ]


子どもに字の多い本も読ませたいのですが、マンガばかり読んでいます。
あなたならどうしますか?


A.マンガばかり読んでちゃダメよ

B.お隣の○○ちゃんは童話もたくさん読んでるんだって

C.この本もおもしろいよ









診断結果



Aを選んだ人:×

このような否定的な言い方だと、言われた方は自分自身を否定されたように感じて不愉快になります。
これでは、とても素直に聞く気になれません。



Bを選んだ人:△

こう言われて、中には「私も読もう」という気持ちになる子もいるかも知れません。
でも、「どうせ自分は…」という気持ちになる子もたくさんいるはずです。
誰かと比較して発破をかけるのはリスクがあるのです。



Cを選んだ人:◎

その子に合いそうな本や、面白いと感じてくれそうな本を紹介するのは大切なことです。
それによって新しい世界が開けることも多いからです。
子どもはただの食わず嫌いで興味を持っていないことも多いのです。


ポイント


他人に何か言うとき、すぐ「ダメ」という言葉が出てしまう人はけっこう多いようです。
というのも、「ダメ」という言葉には汎用性があってどんな場面でも使えるからです。


そういう人は、「ドアを閉めてね」と言えばいいところで「ドアを閉めなきゃダメでしょ」と言います。
「気をつけて運んでね」ではなく「気をつけて運ばなきゃダメでしょ」と言います。


「さあ、お風呂に入ろう」ではなく「もうお風呂に入らなきゃダメでしょ」と言います。
「もう寝ようね」ではなく「もう寝なきゃダメでしょ」と言います。


「ダメ」という否定的な言葉で言われると、言われた方はいい気はしません。
それで心が閉じてしまうので、素直に聞けなくなるのです。


みなさんは、こういう言い方が口癖のようになっていませんか?一度自分の言葉を客観的に観察してみるといいですね。


親が否定的な言い方をやめると、子どもは意外なほど素直になります。
ぜひ、試してみてください。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ