[ 問題 ]


久しぶりに2人の息子を連れてデパートで買い物をすることになりました。
でも、普段から落ち着きのない子どもたちなので、走り回ったりしないかと心配です。
あなたなら、デパートに入る前に何と言いますか?


A.デパートで走り回らないでね。他のお客さんに迷惑だからね

B.デパートではどんなことに気をつけたらいい?

C.デパートで走り回ったらもう連れてこないからね









診断結果



Aを選んだ人:◎

なぜ走り回ってはいけないのかを、子どもが納得できるように話してあげることが大切です。
子どもは心から納得すれば気をつけるようになります。



Bを選んだ人:◎

子どもに考えさせるのもいい方法です。
このように聞けば、走り回らないことだけでなく大声を出さないとか勝手に商品に触らないなど、ほかのことにも気がつきやすくなります。
しかも、「自分で言ったことなので守らなければ」という意識も働きます。



Cを選んだ人:×

これでは、子どもはお店で走り回ってはいけない理由を心から納得することができません。怒られなければやってもいい、ということにもなりかねません。


ポイント


子どもとの生活においては、大人が起こりうる状況を予想して事前に手を打っておくことが大切です。
子どもと出かけるときもそのひとつです。


そのとき、まず子ども自身に考えさせ、その後で大人が話してあげるという合わせ技が一番効果的です。


学校でも、社会見学や遠足の前には必ずそういう時間を取って、目標や守るべき約束を確認します。
これがしっかりできれば、社会見学や遠足でのトラブルを未然に防ぐことができます。


これがいい加減だと、集合時刻に遅れたり、やってはいけないことをやったりなどのトラブルが起きやすくなります。


親子で出かけるときも同じです。事前に起こりうる状況を予想して手を打っておくことは、親の大事な役目です。
それをしないで、いつもそのときになって慌てて子どもを叱りつけるというのでは、子どもがかわいそうです。


なお、小さい子の場合、飽きてぐずったりしたときに気を紛らわせるグッズも用意しておきましょう。
また、親子でできる手遊びや言葉遊びをいくつか覚えておくとグッズがなくてもできます。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ